よくある質問 Q&A

よくある御質問をまとめています。質問事項をクリックすると回答が表示されます。


①オーソマットについて
A.英語「Orthopaedics=整形外科学」が語源です。
A.NBRと微量のPVCを使用しております。含有物質確認リストをお送りする事も可能です。
A.アメリカです。
A.英文、和訳がともにご用意しておりますので、お問い合わせください。
A.水洗い、中性洗剤、デッキブラシ、高圧洗浄機などで洗浄してください。
A.ご使用環境により異なりますが、おおむねお客様には4~5年は使用して頂いております。
A.疲労軽減効果は、捉え方に個人差がございますので数値化できません。衝撃吸収性やクッション性のデータがございますので、こちらをお送りすることは可能です。

A.防炎認定商品でございますので、火が燃え広がる事はございません。イメージでいうと、オーソマットの上に落ちますとポンポンと弾きます。一部スパッタは、小さいクレーター程度の焦げ、切子においても少し、刺さる位です。参考画像①②をご覧ください。

参考画像①

切子

参考画像②

スパッタ

※ハードな環境で約2年使用致しました。

A.アメリカ生産品につき、若干サイズのバラツキがございます。但し日本での受け入れの際に基準値を設けており、大幅なサイズの誤差については事前に除外しております。ご了承下さいませ。
A.カットタイプとロールタイプがございます。詳しくは商品紹介ページをご覧ください。工具用カッターを使いカットすることも可能です。また別途有料にはなりますが、こちらでカットすることも可能です。

Load More

②Kクッションについて
A.オーソマットより安価でグリップ力がありますが、油や熱(スパッタや切子)の出る環境には適しておりません。コンビニやスーパー、ホテルの受付やレジ、物流、組み立て、梱包工場などでご利用頂いております。クッション面でもハードタイプ、薄型など種類がございますので、お好みの硬さでご利用下さい。
A.Kクッションはロールタイプはございません。工具カッターでカットして頂くか、別途有料でカットすることも可能です。
A.可能ですがオリジナルで作成する場合、可能な色やロット数がございますので、お問合せ下さい。

Load More

③エレベーター保護シート・クッションについて
A.デザインコレクションと称し、あらかじめ19のデザインをご用意しております。お気に入りのデザインをお選びください。
A.エレベーターマットコレクションカタログに3色のエレベータークッションを掲載しております。
1メートル幅での納入となりますので、お好みの長さでお見積りをご依頼くださいませ。
A.現地を確認致しまして使用量と状況より見積金額を算出いたします。都度見積りいたしますのでお問い合わせください。
A.可能です。プリントしたシートをご指定の場所にお届け致します。
A.はい、可能でございます。弊社協力会社よりご対応致します。
A.本シートには防炎性能がございません。30m以下のマンションにてご利用下さい。住宅ビルで11階、商業ビルで7階までが目安となります。
A.シートの裏面にマグネットにて貼り付け致します。細かなカットは現地にて調査、対応致します。
A.計測からデザイン入稿、その後シートの制作に2週間、納品、施工に数日かかりますので、およそ3週間~4週間が目安です。
A.こちらのマットのメンテナンス方法をご参考に下さい 市販のカーペットクリーナーを用い、汚れを拭き取って下さい。

Load More

④その他マットについて
A.マットの中央にケーブルを隠す溝があり、配線を保護、通行時の躓きや事故を予防します。
A.高さ約5mm、幅約100mmです。
A.商品の詳細をご覧ください。ラバータイプとカーペットタイプがございます。
A.タイの自社工場(クリーンテックス・タイランド)にて生産しております。
A.それぞれ㎡にて単価を算出するもの、サイズにより価格が決まっているものがございます。詳細はお問い合わせください。

Load More

⑤配送・納期関連
A.クラフト紙に巻き送付もしくは段ボールに梱包し送付します。オーソマット、ロールタイプなどの大型、量が多い場合はパレットに置き、送付します。

Load More